加齢臭はどうして発生してしまう?防ぐ方法について

中年以降になってくると「加齢臭がする」と家族に言われたり、自分でも体臭か気になることが多くなってきますね。

ちなみに加齢臭は男性独特のものと思われがちですが、女性にもあると言われています。
そんな加齢臭はどうして発生してしまうのでしょうか?そして、加齢臭を防ぐ方法はあるのでしょうか?

まず、加齢臭の原因になる成分は「ノネナール」というものです。

ノネナールは、皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びついて出来る物質。

一般的に40代以降になると脂肪酸と過酸化脂質の分泌量は増加するため、ノネナールが生成されやすくなってしまい体臭がキツくなるのです。
ちなみに、若い年齢の人にはノネナールはほとんど存在しないとされており、その点から、中年以降の人特有の「加齢臭」という言われ方をされているのですね。

そしてこのノネナールが作られやすくなる条件には色々とあります。

まずは食生活。肉類や揚げ物などの脂っこい食べ物を多く食べていると、脂肪酸が増えてしまい加齢臭の原因であるノネナールが作られやすくなってしまいます。
加齢臭を防ぐには、普段からこういった食材は控えるようにしたいもの。

また、実はストレスもノネナールを発生させる大きな原因の一つです。

これは、慢性的にストレスを受け続けることで活性酸素が大量に発生してしまうから。
体の老化の原因にもなり、様々な疾病を引き起こすもとにもなると言われている活性酸素ですが、この活性酸素は過酸化脂質を増加させてしまうのことでノネナールを増加させるのです。

さらに、タバコも活性酸素を大量に発生させてしまうので、喫煙の習慣がある人は是非禁煙を心がけたいところ。

また、ノネナールの厄介なところは、水に溶けにくいために洋服などにこびりつきやすいということ。

なので、洋服はこまめに洗ったりクリーニングに出すようにしたいもの。さらに、洗濯物は溜めないでこまめに洗うこと、乾かす時間を短くすることなどを心がけたいものです。

加齢臭を防ぐには普段の生活や食生活を見直し、かつ洗濯をしてくれる家族にも協力をしてもらう必要がありますね!

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ