腸内と肌の健康はとても重要なつながりを持つ

美肌を保つためには、外から肌をケアするだけでは、足りないこともあります。

きれいな肌をつくるには、腸の働きも大きく関係しているため、これが正常でなければ、美肌を保つのは難しくなります。
つまり、外からだけでなく、体の内側からもケアが必要ということです。

では、腸内環境と美肌の関係について、説明していきましょう。

腸内環境が悪いと肌が悪化してしまうのは、腸内細菌の働きによるものです。
人の腸内には、多くの腸内細菌が住んでいます。

細菌といっても、通常は、体によい「善玉菌」がほとんどであり、このおかげで健康を保つことができます。
しかし、腸内環境が悪化すると、普段は少ないはずの「悪玉菌」が増殖し始め、善玉菌よりも優勢になってしまいます。

悪玉菌が増えすぎた腸は、普段通りの動きができなくなり、その結果、便秘が起こります。
つまり、腸の蠕動運動が鈍ってしまい、内容物がスムーズに流れていかなくなるのです。

悪玉菌は、その溜まった内容物を腐らせ、体の中でガスなどの毒素を発生させます。
この毒素が、肌のトラブルの原因です。

腸内で発生した毒素は、次第に腸から吸収されてしまいます。

それが全身に回り、やがて肌にまで達することで、肌荒れやニキビとなってしまうのです。
このことから、肌荒れがひどいときは、体内の健康も脅かされている可能性があります。
そこで、腸内環境を整えることで、毒素の発生を防ぐことが有効となるわけです。

そのためには、食物繊維を積極的に食べるとよいでしょう。

食物繊維は、悪玉菌などの不要なものを吸着しながら排出されるため、腸内をきれいに掃除してくれます。
また、善玉菌のエサでもあるので、食物繊維を多く摂れば、善玉菌が優勢の健康な腸に戻すことができます。

そうなれば、毒素が体内を巡ることもないため、肌荒れやニキビを改善できるのです。

このように、腸内の健康と肌の健康は、とても重要なつながりをもっています。
普段から意識して食物繊維を摂り、体の中からも肌のケアを行っていきましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ