ニラはさまざまな肌トラブルの改善に役立つ

紫外線を浴びると皮膚の内部の細胞がダメージを受けてしまうのですが、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。

そして、メラニン色素が肌に残ってしまうとしみになってしまうということです。肌のターンオーバーが正常ならメラニン色素は排出されていくのですが、年齢を重ねるごとににターンオーバーは乱れてしまいますし、それによってしみができやすい状態となってしまうのです。

しみを防ぐためには紫外線対策を行うことはもちろん、肌の再生がスムーズに行われるような状態に導くことも大切です。そこで豊富なビタミンやミネラルを含んでいる緑黄色野菜を摂取すると良いのですが、特にニラがおすすめとなっています。

この食材には活性酸素の働きを抑止するビタミンEと皮膚の再生に必要なビタミンC、皮膚を強くするビタミンB群などが豊富に含まれており、さまざまな肌トラブルの改善に役立つでしょう。しかし、癖が強いので好き嫌いが分かれる食材ですし、美容目的で食べる場合はレシピを工夫することがポイントです。ニラというと滋養強壮に効果がある食べ物だと考えている人も多いでしょう。

しかし、美容にも効果的な成分が含まれており、特にβカロテンという成分には肌を丈夫に保つという作用があり、肌トラブルを防いでくれるのです。また、強力な抗酸化作用を持っており、しみやシワなどの予防にも効果的な野菜となっています。また、匂いの元であるアリシンには体温を上昇させて新陳代謝を活性化させるという作用があるため、血行が促進されて美肌効果が期待できるでしょう。

ビタミン類は美肌に効果的な栄養素ということですが、食物繊維も豊富に含まれているので便秘の解消にも役立ちます。ニラは健康にも美容にも効果的な食材であり、しみやシワを予防するために積極的に摂取していくと良いでしょう。

ニラをたっぷり食べたい時はチヂミを作るのがおすすめです。チヂミには卵を入れて作ることが多いのですが、卵を使わずに作ることもできます。卵なしのチヂミはさくさくとした食感が美味しいですし、本場で食べるような味を楽しめるでしょう。このレシピの作り方はまず、ニラを4~5cm程度に切って玉ねぎは薄切りにします。次に小麦粉2と片栗粉1の割合にして水で溶き、塩とだしを加えます。

溶いた粉に食材を入れることになりますが、豚肉などを入れても良いでしょう。そして、フライパンにサラダ油を熱して生地を薄く伸ばし、カリッとするまで焼いていきます。焼き上がりにごま油を回しかけると香りが良くなりますし、焼き上がったら酢醤油を添えて食べましょう。ニラは匂いが強いので好みが分かれる食材なのですが、卵と一緒に炒めることで食べやすくなります。

栄養素というのは単独ではほとんど効果がないため、他の食材と組み合わせることで効率よくしみを改善することができるのです。卵には豊富なたんぱく質が含まれており、皮膚の原材料となります。皮膚の再生を促してくれますし、桜えびなどを加えても美味しくなります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ