起きたら1分間シャワーをすることで体臭対策

体臭が気になりだしたら、対策をするほうがいいでしょう。

体から放たれる臭いが自分で実感できるほどの状態の場合、周囲にいる人たちにも、その臭いに気づかれることがあるためです。自分の体から放たれるため、鼻がなれてしまうと、たいてい、自分の臭いにはあまり気づきません。ですが、汗をかいたりすると、汗に含まれる成分などを、肌にいる細菌が分解してしまいます。その影響で臭いが発生するため、汗をかきっぱなしの状態で長時間いると、体臭がかなりきつくなってしまうこともあります。

また、汗だけでなく、体内からは肌を保護するため、皮脂も分泌されます。生活習慣の乱れや食生活の乱れが原因で、皮脂の分泌量が増加してしまうと、毛穴を詰まらせたり、また、酸化することでこれも体臭の原因になります。

そのため、対策としては肌を清潔に保つことが臭いを抑えるため、予防のためになるでしょう。

外出時では、汗をかきやすく、そのため汗を多量にかいてしまったり、皮脂の分泌することもあるでしょう。自宅に帰宅したら、できるだけ早くシャワーなどで汗や余分な皮脂を洗い流すことが大切です。そうすることで、臭いを発する原因を抑えることにもつながります。

また、寝ている間にも、汗をかくことがあります。そのため、特に体を動かしていないからと何もせずにそのまま過ごしていると体臭がきつく、仕事などに出かけて、集団のいる中や電車やバス、不特定多数がいる中に行ってしまうと周囲に臭いを撒き散らしてしまうことにもなりかねません。

そのような状態を防ぐために、朝、起きたら1分間シャワーをするといいでしょう。汗などを軽く洗い流すことで、肌を清潔に保ちます。そうすることで、ある程度臭いを防ぐことにもなるので、対策になるでしょう。

また、朝の場合には朝食を食べたり、仕事に行く前や学校に行く前になるため、いろいろと朝の準備に忙しいことでしょう。そのため、ゆっくりとシャワーに入る時間を取れる方はあまりいないでしょう。ですが、1分間くらい軽く汗を洗い流すだけなら、それほど手間もかからないので、ちょっと生活に工夫して時間を作れば可能です。

また、シャワーを浴びることで、すっきりとした気分にもなり、リラックス効果なども得られるでしょう。朝、起きて寝ぼけている状態で活動を始めるより、ちょっとシャワーを浴びて気分爽快の状態で、一日の活動を始めるほうが、気分もよく行動できることでしょう。

また、体臭対策としては、睡眠不足や運動不足を解消することも大切です。自律神経、ホルモンバランス、代謝機能の低下は、発汗作用や皮脂の分泌量などにも影響し、血流の悪化などにもつながります。体調不良などを起こしやすく、体にとってもあまりいい影響を与えることはないので、生活を見直して、改善できる点があった場合には、少しずつ改善していくといいでしょう。規則正しい生活習慣を心がけていくことが大切です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ